主に海外の反応とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【たまゆら ~hitotose~】 第7話 海外の反応

憧憬の路。こういう題材は海外の人にも伝わったのだろうか・・
というかだんだんレスが少なくなってきた・・

あくまでも管理人が独自に翻訳した記事であり、誤訳の可能性もありますのでご了承下さい。
引用元:http://myanimelist.net/forum/?topicid=365243



とても心温まったよ。
なんて温かい話だったんだ・・

ろうそくを竹の中に入れて過ごすという祭り。

楓は昔のことをあまり覚えてないみたいだね。
父親が約束を破ってしまっちゃったからか。

写真家のお姉さんと楓は会えたみたい。

ウルトラ地元トークワロタw

ほとんどは雨の日だったけど、最後は止んでくれたから、祭りはちゃんと開催できたね。



ともかくいい話だった。5点中5点。

素晴らしいムード、とても現実的な感じだったし、とてもハッピーになれるような話だったよ。
どうやってこれを説明すればいいのか分からないや。

こんな感じにハッピーになれる経験ができたかな。

うん、(説明が)バカみたいだろ。俺も分かってる。

この作品をまだ視聴できてるっていうのが嬉しいね。



【ポーランド】

春らしい風景もこれで最後か・・
他のところもいいグラフィックだったし、金かけてたんだろうなあ。
でもこのくらい風景を細かく描いている方が物語に合っているよね。

未だにAriaのような雰囲気で(今回は自然だった)、どれほどの人が今日という日を待ち望んでいたかっていうこと、
"特別"という意味、そしてまた、町についての物語っていうのがひしひしと伝わってきたね。
本当に素晴らしいのが見れたよ。

のりえにもあまりイライラさせられなかったね。
彼女の言っていた、どれだけの人がこれを経験したかって言ってたところのシーンが好きだな。(今回はストーカーモードじゃなかったし)
てるてる坊主を作ってるところをもっと見せては欲しかったかな。

志保美をまた見れて嬉しいね。
そしてもう1つ、俺にとっては、麻音が祈ってたところが全てを持って行ったかな。
もっと彼女のことを知りたいね、もう(メイン回は)過ぎちゃったけど。
(もちろんぽっても良かったよ・・・でも、俺にはよくわからないんだよ)

jmsKK3xcVheCd.jpg



【カナダ】

Tamayura~hitotose~ 07 [22-53-18]

どうして昌子が泣いてたのかが気になるな。

これが彼女の初めての登場、そうだろ?
彼女の背景に何か深いものがあるのかもしれないなあ。



彼氏にフラれたとか、家族の誰かが死んじゃってるとかそういうのだと思う。
まあ俺の考えこと全て間違ってそうだけど。


ただ楓の父親の死を突然聞いて悲しかったんだろうと思うんだけどな・・

↑↑
彼女の言っていたことは、
雲が晴れれば、祭りは天国からでも見えるかもしれないし、そこから灯篭の想いが届くかもしれないということ。
彼女の涙を見て、何か思うところがある感じだったなあ。

この話はなんだかロマンティックで、なんて素晴らしい出来事だったんだと思えるよ。
また、俺は何人かの人々がロマンティックな心を持っているっていうのも分かったよ。
彼女は遠くへ行った人に対してちゃんと感謝してるんだろうね。
見ていてとても光が与えられて心が温まったよ。

↑↑↑↑
誰かが彼女(心の中)に近づいたっていうのを信じてるよ。
たぶん彼女の好きだった人が遠くへ行っちまったんだろうなあ・・・(※遠回しに死を意味してます)
彼女が話してたときに、横目で見てたようだけど、灯篭で誰かに想いを伝えたかったんだろうっていうことに、
りほはその昌子が思ってたことに気づいてたんだと思う。



3人のメイン声優、Ariaのようなムード。もはや説明不要だね。
偶然にもこの話を見ているときに雨が降ってきたよ、クックック。



Ariaのような自然の夜の光や鐘の音を思い出したよ。

なんて驚くべき話だったんだろう。俺の意見では、たまゆらは素晴らしいしレベルを一段階卓越してるね。
挿入歌でのED歌もまた素晴らしかったよ。



素晴らしくリラックスできた話で、挿入歌/ED歌も素晴らしかったよ。



おまいらは口笛のビッチが"止め、止め、止め"って口笛で言ってたのは分かったのか?



【カナダ】

ガッデム、なんて話だ。葉月絵理乃(※中の人)による志保美が素晴らしいってだけじゃなくて、それがあってこそ今回の話は素晴らしいんだね。

ムードは見事だったし、その時間もまた良かったよ。
これが俺がこの作品を好きな理由なのかな。



【オランダ】

なんて可愛いんだ、悲しい話だったけど心温まるよ。
この祭りで個々のキャラをどのようにして動かすかっていうところが好きだな。



【カナダ】

とっっても素晴らしいプロットだったよ。
脚本が伝えたかったのは、"ずっと一緒"ってことなんだろうね。
教師が大量のお好み焼きをもらったところにはワロタw

この部分だけじゃないんだけど、昌子が泣いてた時はちょっと俺は悲しい表情になってたかな・・



以上です。

昌子については翻訳するまで全然気づかなかった・・・たまたま目を離したところがそこだったのかな。
こういうアニメって目を離さずちゃんと見るべきだよねorz

次回も楽しみです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ  よければポチッとお願いします。
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/11/21 00:42 ] 2011年アニメ たまゆら | TB(0) | CM(4)
初めまして
昌子はEDでこらえ切れなくて泣いているシーンが有りましたね。
1度しか遊んでもらっていない人の為に、そうまで思ってくれて涙まで流してくれるとは本当に良い人だ。
楓のお父さんは子供達にとても良い人だったんだなあ・・・
歌も含めて、これまでで一番感じ入ったEDでした。
[ 2011/11/21 04:57 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
あ、EDの方ですか・・ご指摘ありがとうございます。
正直なところ昌子が泣いてたのには気づかなかったです・・・ちゃんと見ないとダメですね(汗
楓のお父さんは本当に万人に優しい人だったんでしょう。
いい話でしたね、
[ 2011/11/21 22:56 ] [ 編集 ]
昌子が泣いていたのは楓の父親とはおそらく関係ないよ?
外人コメにもある通り、誰か彼女の近しい人が亡くなって、その人への想いで泣いていたのだろうと思う。
[ 2011/11/22 10:59 ] [ 編集 ]
昌子の親しい人が亡くなって・・ということですか。
単純に考えるとそうなるんでしょうけど・・うーーん・・やはり考えさせられますね。
[ 2011/11/26 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。